新しい子供の名前

子供イメージ

妻が妊娠をしてからもっぱら忙しくなった。
名前を考える係が、私になった。それからというもの、名前を考えるのだが一向に決まらない。

画数にこだわると響きがいまいち。
苗字とのバランスにこだわると、古臭い。本当に名前にゴールなんてあるのだろうか。

そう、ゴールなんてないのだ。
考えても考えても、子供には果てしなく幸せになってほしい。

ある日、妻に「女の子なんだからお嫁に行ってもいいように、銀行印は苗字ではなく下の名前で作ってあげましょうよ」と言われた。
そうか、嫁に行くと苗字が変わるのか。

こんなに苗字とのバランスを考えていてもいずれ変わってしまうのかもしれない。
悲しいものだ。画数だって苗字と計算したところで・・・。

名前も決まっていないのに、はんこ屋に会社帰りに行った。
店員さんにいろんな話を聞く。

ハンコ(印鑑)屋に行くと不思議と漢字一文字もかわいいかな、ひらがなもありかななどアイディアがポンポンと浮かんだ。
ハンコ(印鑑)についても詳しくなった。銀行印ならばイラスト付きでもいいらしい。書体もいろんなものがある。

店員さんにもこどもが生まれる事、名前はまだ決まってない事、でも苗字ではなく名前で印鑑を作ってあげたいことなどを話した。
毎日通った。ハンコ(印鑑)屋通いが日課の一つになった。週末にはほかのハンコ(印鑑)屋にも足を延ばすようになった。

妻が、名前の候補を3つ上げてきた。
なかなか決まらない私に、さじをなげてきたのかもしれなかった。

しかし、決定権は私だ。
もちろん、はんこ屋に行き、印鑑のシュミレーションをして決めた。

ページの先頭へ